龍泉寺自然を守る会の活動

2021年度の活動報告

2021年4月11日 総会を開き、2021年度の活動計画を決めました。 協議した結果、コロナウイルス防御対策をとった上で、トキソウを観る会・ハッチョウトンボを観る会、サギソウを観る会を開催することとしました。
コロナウイルス対策:①人が密になる休憩所は使用しないで、全てアウトドアの行事とする。②マスクを着用する。③ソーシャルディスタンスをとる。
コロナウイルスの感染状況によっては、イベントを中止することとしました。

龍泉寺の樹木について検討

2021年4月12日 電子書籍2版に収録する「龍泉寺の樹木」について、樹木名や特徴などの疑問点が多々ありました。樹木医の可児さんと営林署に勤務されていた福島さんにご足労をお願いし、疑問点を解決していただきました。


誘蛾灯による蛾の調査(こい岩湿地)

2021年4月23日 倉敷昆虫同好会の渡辺さんの蛾の調査が、今回、こい岩湿地でおこなわれました。龍泉寺での蛾の調査は2019年9月から行われており、今年が最終年になります。


マムシ・ヤマカガシ・スズメバチ・マダニの警告看板

2021年4月27日 「マムシ・ヤマカガシ・スズメバチ・マダニの警告看板」を駐車場から龍王池にいく道の入口に設置しました。昨年のコロナ緊急事態宣言で公営の施設・公園が封鎖され、行き場を失った子供連れの家族が散策にこられるようになりました。
市街の公園と異なり、龍泉寺の敷地は自然豊かな山麓にあり、猛毒を持つ危険生物のマムシ・ヤマカガシ・スズメバチ・マダニが普通に生息しています。昨年、ラミネートで制作した手作りの標識を耐久性のある看板に置き換えました。


2021年5月6日 電子書籍「岡山市の小さな自然再生~龍泉寺の自然を守る会10年の歩み(二版)」制作の第1回編集委員会を開催しました。初版の追加・修正を先に行い、新たに収録する「龍泉寺の樹木」は、その後にすることを決めました。

2021年5月8日 5月例会開き、岡山県のコロナウイルス感染状況を分析し、5月23日に予定している「トキソウを観る会」・6月13日の予定の「ハッチョウトンボを観る会」の開催を中止することにしました。

2021年5月8日 午後から観察通路を中心に、草刈りを行いました。トキソウを観る会・ハッチョウトンボを観る会は、いずれも中止にしましたが、見にこられる方が多数おられます。

春の草刈り風景(こい岩湿地)

春の草刈り(トンボ池湿地)


2021年5月14日  岡山県全域に、5月16日~5月31日の期間、「岡山県新型コロナウイルス感染症緊急事態措置」が発令されました。

2021年5月:トキソウ  トキソウの初見は5月1日でした。例年に比べて10日ほど早い開花でした。見頃は、5月20日前後で、5月末まで楽しめました。

トキソウ(こい岩湿地)

トキソウの群落(こい岩湿地)


2021年5月28日  岡山県全域に出された「岡山県新型コロナウイルス感染症緊急事態措置」が、6月20日迄に延長発令されました。

2021年6月:ハッチョウトンボ  今年は、ハッチョウトンボの出現数が、極端に少なく、6月ピーク時、サギソウ湿地で12匹でした。サギソウ湿地が3月から5月上旬にかけて乾燥し、浸み水のある泥の中で生育する幼虫(ヤゴ)の死滅が多かったのが原因と考えています。
湿地の乾燥は、①降水量が少なかった。②サギソウ湿地の周囲は桧の植林地帯で、桧の成長にともなって、雨水を吸い上げる量が多くなり、湿地に浸み出す水が枯渇したと推定しています。

ハッチョウトンボ(サギソウ湿地)

ノハナショウブ(もみじ段湿地)


2021年6月:ノハナショウブ トンボ池湿地・もみじ谷湿地・上こい岩湿地で多くのノハナショウブを観察できました。特に、トンボ池湿地のノハナショウブは増えていました。





活動実績

今年度の活動報告

2020年度活動実績

2019年度活動実績

2018年度活動実績

2017年度活動実績

2016年度活動実績

2015年度活動実績

2014年度活動実績

2013年度活動実績

2012年度活動実績

活動の歩み (2008~2011年度)

2021年度の活動予定

1.イベント行事

・トキソウ観察会を観る会

・ハッチョウトンボを観る会

・サギソウを観る会

2.湿地の管理

・湿地の水位の管理

・湿地の見回り

3.湿地の草刈り

・観察路周辺の草刈り(5月)

・観察路周辺の草刈り(8月)

・湿地の草刈り・搬出・運搬(11・12月)

4.見学者のアテンド
    コロナウイルスにより中止

・トキソウの見頃時期(中止)

・サギソウの見頃時期(中止)

・随時

5.湿地の外来植物を除去(随時)

6.会員の親睦会(2月)

ページトップへ